プレスリリース

2014年09月27日

総合エネック株式会社が、メガ(ミドル)ソーラー発電所・産業用太陽光発電所の発電量管理の為のツールとして、クラウド型発電力監視システム「エネック”eye”(アイ)Act2」を発表しました。

 

 現在、1兆円産業となった太陽光発電市場で、新設産業用(家庭用も含)太陽光発電所の伸びは、政府の固定買取価格の低下と共に減少してくるものと思われます。
これから、必要になるサービスは太陽光パネル等のメンテナンスにシフトしていくことになり、そのメンテナンスの要否を判断する為のツールとしてクラウド型発電力監視システム 「エネック”eye”(アイ)Act2を発表しました。

 同種のサービスは、非常に高価で、その機能は設置した太陽光パネルの発電状況を全体で把握するのが一般的です。
総合エネック㈱は、クラウド型発電力監視システム「エネック”eye”(アイ)Act2」の原型となった、 クラウド型デマンド監視システム「エネック”eye”(アイ)」の低コスト高パフォーマンスを継承しており、 各系統(パワーコンディショナー)ごとにタイムリーな発電量を検知し、手元のタブレット・スマートフォンで異常個所を確認できるためメンテナンスの要否、保守作業も簡単になります。

 また、クラウド上でデータ管理するため、発電所保守会社は勿論、施主(発電者)も日々の発電量・売電価格その他、さまざまな情報を最大過去3年間にさかのぼって即時グラフ化し、 発電データをCSVファイル形式でダウンロードすることが出来るため、発電力の低下傾向から今後の発電事業運営方針を検討していくことも容易になります。

 これらの動作を、「エネック”eye”(アイ)」の低価格しいステムを踏襲した「エネック”eye”(アイ)Act2」で管理できます。
※最大8系統(パワコン)を一つのシステムで管理します。
※設置には電気工事士の工事が必要となります。

 

 販売開始予定日:平成26年10月1日

 

関連ページ:http://www.enec.co.jp/eye/solar.html

お問合せ先

総合エネック株式会社

広報担当:山崎

電話:028-688-8880FAX:028-688-8881

e-Mail:info@enec.co.jp

Copyright(c) 2014 Total ENEC co.ltd. All Rights Reserved.